膀胱炎Q&A

膀胱炎Q&A

膀胱炎が女性に多いのは、女性の身体の構造が深く関係しています。膀胱炎は、女性は必ず経験するといわれるほど、女性に身近な病気です。膀胱炎とは、膀胱に大腸菌などの細菌が侵入し、増殖・感染して、膀胱の中で炎症を起こす病気です。膀胱炎の症状は、トイレに行く回数が増え(頻尿)、排尿後などに痛みが出ます。排尿しても残尿感などの不快感が残り、何度もトイレに行きたくなり、重度になると、トイレから出られなくなること...

おしっこを我慢することで、必ず膀胱炎になるわけではありませんが、膀胱炎になりやすくなるといえます。膀胱炎には、いくつかの原因がありますが、多くの膀胱炎は、細菌によるものです。細菌の中でも、大腸菌が原因の膀胱炎がほとんどであるといわれています。細菌性の膀胱炎の原因である大腸菌は、尿道から膀胱に侵入してきます。特に女性は、肛門と尿道が近くにあり、また、尿道の長さが短いため、細菌が侵入しやすくなっていま...

冷え性は、膀胱炎になる要因として考えられています。冷え性がある場合、体温が低く、血液の流れが悪いので、細胞の働きも鈍くなります。冷え性で、特に下半身が冷えてしまうと、膀胱や尿道など、排尿に関わる臓器や筋肉の働きが悪くなり、排尿回数が減り、膀胱炎を起こすことがあります。また、正常な場合、膀胱の粘膜の温度は37℃前後を保っています。37℃前後の温度では、細菌が侵入しても、繁殖・感染することはないと言わ...

膀胱炎になった場合、泌尿器科を受診します。膀胱炎の診断には、尿検査が必要になります。近くの病院やかかりつけの病院に泌尿器科がない場合は、内科や婦人科などでも、診察はしてくれるようです。心配な場合は、病院に行った時に、窓口で症状を話し、適切な受診科を教えてもらいます。妊娠している場合は、薬の胎児への影響などがあり、使える薬の種類も限られてきます。妊娠してる時に、産婦人科以外で診察を受けると、薬を処方...

セックスをすることで、膀胱炎になることはあります。女性は、膣と尿道がとても近い場所にあり、身体の構造上、外部の細菌が膀胱に侵入しやすくなっています。不潔な状態でセックスをすることは、外部の細菌を尿道に押し入れていることにもなりかねません。セックスをする前と後に清潔に保つことで、膀胱炎になることを防ぐことができます。セックスをする前と後に、シャワーを浴びるなどをして、身体や手指を清潔にします。これは...

膀胱炎は、女性になりやすく、思春期である10代後半から老年期の、妊娠ができる幅広い年代で発症しやすくなります。その中でも、20代前後の性行為の多い時期になりやすいといわれます。性行為を頻繁に繰り返す時期であるのに、不潔な状態で性行為をするなど、行為の前後の対処の方法が悪く、膀胱炎になってしまうことが多いからです。昔は、ハネムーン膀胱炎と言われ、結婚をして最初の性行為の後に、膀胱炎になることが多かっ...

神経因性膀胱とは、膀胱が正常に働くための、脳からの指令が、脳や脊髄、神経の異常によりうまく伝わらず、膀胱が正しく働くことのできないことで、膀胱炎とは、異なります。膀胱は、脳からの指令を受け、尿を溜めたり、排出したりします。脳からの指令は、脊髄、神経を伝って膀胱にいきます。膀胱に指令を出す脳や、指令を伝える働きをする神経が、病気や怪我をして、正常に伝達ができなくなり、膀胱や尿道が正確に働くことができ...

クランベリーは、女性の繰り返す膀胱炎の予防として、注目されています。クランベリーとは、ブルーベリーに似た赤く小さくすっぱい実です。日本ではあまり有名ではなく、生の実が売っていることはまずありませんが、アメリカでは、古くから使われている果実です。クランベリーには、抗酸化作用や殺菌・抗菌作用があるといわれ、細菌感染により引き起こされる膀胱炎や尿路感染症の予防に効果があるとされています。クランベリーには...