膀胱炎関連ニュース

急性単純性膀胱炎というものは腎臓や膀胱になにも疾患がなくても発症する膀胱炎のことです。おもに性的活動期の女性に多くみられるもので大腸菌が原因になることが多いそうです。そして抗菌薬(抗生物質)が良く効きます。急性単純性膀胱炎は、20〜40才の女性の25〜35%が罹患するといわれており、感染症としては比較的軽症のものです。急性単純性膀胱炎は治療も簡単と考えられていますが、症状の持続は平均6.1日くらい...

急性膀胱炎の原因菌についてですが、これは大腸菌が70%から95%を占めています。その他にも、ブドウ球菌属やプロテウス、肺炎桿菌属、そして腸球菌属などの細菌が認められていることがわかっています。10%から15%の症例をみてみると一般検査で一般の細菌が証明されないこともわかっています。そしてクラミジアやウレアプラズマ、マイコプラズマなどの関与も考えられているようです。急性膀胱炎の原因となる大腸菌は、多...

急性膀胱炎の投与法についてですが、以前では抗菌薬は7〜10日間くらい内服していました。しかし、最近では単回投与や3日間投与法などが試みられているそうです。一部のニューキノロン系薬をみると単回投与も有効といわれています。しかしST合剤の1週間投与やニューキノロン系薬の3日間投与に比べてみると治療効果は劣るとされているそうです。そのため、急性膀胱炎の治療についてはニューキノロン系薬の3日間投与が基本と...

膀胱炎に効果をもたらす薬は、薬局でも購入することができるみたいです。しかし、その場合には膀胱炎の薬が欲しいことを薬剤師さんなどに伝えるとよいでしょう。ただ、市販薬を用いるのではなくて膀胱炎をしっかりと治すためには専門の病院を受診したほうがよいでしょう。病院で、きちんとした検査を受けて、自分に合った薬を処方してもらった方が間違いないとおもいます。ちなみに、以前市販されていた抗菌作用のある薬であるナリ...

もしも、あなたが膀胱炎になってしまったら、市販薬に頼るのではなくてきちんと専門医に診てもらうことをおすすめしたいとおもいます。抗菌薬抗生剤「クラビット」についてですが、この薬は決して安いものではありません。そのためだと思いますが、病院などで多く使われている薬のようです。専門誌をみてみると、特に痙攣(けいれん)などの中枢神経障害を警告しているものも実はあるみたいです。保険薬価でみると100mg 1g...

膀胱炎とは、一体どのような症状を持っている病気なのでしょうか。膀胱炎は尿道口から大腸菌などの細菌が膀胱に侵入してしまい起こる病気です。現代医学では実はまだ原因がよくわかっていない慢性的な膀胱炎「間質性膀胱炎」と区別しており、急性単純性膀胱炎と呼ぶこともあります。膀胱炎は女性に起こりやすい病気と言われています。その理由としては男性に比べてみると女性の尿道は約4cmと短くて、膣や肛門に近いことにあるそ...

膀胱炎の症状についてご紹介したいと思います。膀胱炎にかかってしまうと、軽症であればトイレが近くなる(頻尿)となります。また、排尿した後もまだ残っているような感じがする(残尿感)といった症状が表われます。トイレが近くなったり残尿感があったりする症状は、膀胱に尿がなかったり少ししか溜まっていなかった場合にも炎症によって刺激がおこり尿意を感じるためです。炎症がひどくなってしまうと膀胱内の炎症部分から出血...

膀胱炎の治療法についてご紹介したいと思います。膀胱炎は比較的、簡単に治る病気といわれています。病院で処方されている抗生物質を3日〜7日間くらい服用すれば1週間程度で症状が改善していきます。大抵は3日くらいで症状が軽くなっていきますが、完全に菌をなくすためには7日間くらいは薬を飲み続けたほうがよいでしょう。膀胱炎の治療薬は市販もされています。しかし、できるだけ病院を受診したほうがよいでしょう。治療中...

膀胱炎になる直接的な原因は、免疫力の低下による細菌の増殖です。しかし尿道に細菌が侵入してしまう要因のひとつとして、性交が挙げられるとおもいます。心身ともに疲労しており免疫力の低下した状態で出かけることの多い新婚旅行の場合には膀胱炎になってしまう「ハネムーン膀胱炎」を経験する新婦さんも中にはいるようです。また、解剖学的に尿道口と膣が近いので性交によって膀胱炎にかかりやすい女性もいることが報告されてい...

一年に何度も膀胱炎になってしまうという方もなかにはいると思います。膀胱炎は、完治すれば何の心配もありません。そして1年に2回から3回程度かかっても発熱を伴わず、その都度完治しているのなら正常だといえます。しかし、短期間に頻繁に膀胱炎を繰り返すような場合には、慢性膀胱炎が疑われてしまいます。慢性膀胱炎は、膀胱が長期間炎症を起こしてしまい治りにくくなった状態のことです。また、腎臓の病気や結石、結核、ガ...

病院で膀胱炎の検査をおこなっても異常がないと言われたら間質性膀胱炎かもしれません? 膀胱炎は尿の中から細菌が検出されることによって、すぐに診断することができる病気です。しかしながら、頻尿や強い尿意、また膀胱の痛みなどの症状があるのに尿中から細菌が検出されないで、検査の結果「異常なし」というように診断されてしまうことがあります。もしも、そのような状態になったら要注意だといえます。間質性膀胱炎になって...

統計的にて若い女性に膀胱炎が多いことには理由があります。まず、20代から30代の女性の場合は仕事が忙しくてトイレを我慢しがちであることです。これでは、膀胱内で細菌が増殖してしまう原因となってしまいます。また、若い女性は性行動が他の年代に比べて活発だといえます。これは膀胱に細菌が侵入する危険を高めてしまいます。さらに、羞恥心から異常を感じたとしてもなかなか病院に行かないことも少なくありません。このよ...

膀胱炎のなかで複雑性膀胱炎というものがあります。この複雑性膀胱炎は泌尿器科の基礎疾患が原因となっている膀胱炎のことです。複雑性膀胱炎の場合は、抗菌薬の投与だけでは症状を改善することができません。基礎疾患の治療が必要となります。基礎疾患の例としては、排尿障害などが挙げられるそうです。それから間質性膀胱炎という症状もあります。この間接性膀胱炎の症状は炎症が膀胱内の粘膜の表面から進んでしまい、その奥の間...

妊娠と膀胱炎の関係ついてご紹介したいと思います。もしも妊娠している時に膀胱炎になってしまったらどうすればよいのでしょうか。膀胱炎になってしまうことによって何らかの害が胎児に影響するのでしょうか?妊娠中は膀胱炎になりやすいと言われております。また、妊娠中は抵抗力が落ちています。そして女性は、おりものなどによって外陰部が不潔になりやすいこともあります。さらに圧迫することによって排尿しても膀胱に尿が残っ...

クラミジアと膀胱炎の関係についてご紹介したいと思います。クラミジアと膀胱炎は関連性はあるのでしょうか?性行為感染症であるクラミジアに感染してしまうと、潜伏期間を経てから男性では尿道出口のかゆみや白濁尿、排尿痛などがあらわれます。そして、女性ではおりものなどの症状が表われます。クラジミアは、潜伏期間が長くて、症状が軽かったりすると感染に気付かないこともあります。特に女性の場合には、放置していると感染...

間質性膀胱炎の原因についてご紹介したいと思います。実は間質性膀胱炎の原因はまだよくわかっていないそうです。原因については、幾つかの説が唱えられています。間質性膀胱炎の患者の膀胱粘膜からアレルギー疾患を引き起してしまう肥満細胞が多く発見されているため、アレルギー反応によるものだという説が有力視されています。実際に間接性膀胱炎の治療においても抗アレルギー薬が用いられています。間質性膀胱炎の場合の注意点...

女性は膀胱炎になりやすいといわれています。トイレが異常に近かったり、排尿する時に痛みがあるなど、膀胱炎の症状は排尿に関するものなのでかなり不快なものだと思います。そのため、泌尿器科を受診する女性の病気のなかで一番多い症状が膀胱炎です。実は同じような症状に悩んでいる女性はかなり多いのです。女性に膀胱炎が多いのは、女性の体の構造と深く関係すると言われておちます。膀胱炎には慢性の膀胱炎と急性の膀胱炎があ...

膀胱には感染を防御するための力も備わっています。そのため、多少の菌が侵入した程度では、そう簡単には感染を起こさないようになっております。しかし、疲れがたまってしまっていたり風邪をひいていて体調が悪かったり寝不足が続いていたりした場合には一時的に抵抗力が落ちています。そうすると膀胱炎にもなりやすくなってしまいます。20代から30代の女性は、一般的には体力もありますので病気にはなりにくいと思いますが、...

急性の膀胱炎は、トイレが異常に近くなってしまう頻尿になることがあります。また排尿時に痛みがあったり尿の濁りなどが3大症状だといえます。加えて、排尿後も尿が残っているようでスッキリしないといった残尿感があったりします。時には血尿が出ることもあります。急性の膀胱炎で尿道口から膀胱に侵入した細菌は、膀胱の壁(粘膜)に炎症を起こしてしまいます。症状がひどくなってしまうと膀胱全体が真っ赤になるほど激しい炎症...

膀胱炎の症状によって、時には切迫性尿失禁という症状を起こすことも珍しくはないそうです。これは、尿意を感じたとしてもトイレに間に合わないことや、トイレに何とか間に合ってもドアを占めて下着を下ろしているあいだに漏れてしまうといった症状のことです。本来ならば、排尿の準備が整って脳から指令が出ますので初めて膀胱が収縮し尿が出ます。しかし、切迫性尿失禁の場合は、脳の指令に関係なく勝手に膀胱が収縮してしまいま...

膀胱炎には、細菌を殺すための抗生物質や抗菌剤などが使われます。早い人は薬を飲んでから1日、通常では2〜3日くらいで痛みやトイレが近いといった症状は軽減されていきます。ただ、症状はよくなったとしても細菌が生き残っていることがありますので、膀胱炎の程度や年齢、持病などによっては3日から1週間ぐらいは薬の服用を続けるのが基本です。それと同時に、膀胱炎の治療や予防にも非常に大切なのが日常生活の注意だといえ...

膀胱炎にならないためには日常生活でいろいろな注意点があります。それではご紹介します。まずは、トイレは我慢しないことです。もし、トイレに行きたくなったら、できるだけ我慢しないようにしましょう。それが、膀胱において雑菌の繁殖を防ぐことになります。そして疲れをためないようにしましょう。風邪をひいてしまったり過労や睡眠不足などがあると膀胱炎を起こしやすくなります。適度に休養をとるように常に心がけましょう。...

膀胱炎とは、膀胱が感染したことによって炎症を起こした状態のことをいいます。膀胱炎は特に女性に多くみられる病気です。そして妊娠可能な年齢でよく起こるようです。膀胱炎を繰り返して起こす女性もいるといわれています。女性に膀胱炎が起こりやすい理由としてあげられるものは、女性の尿道が短いことです。また、細菌のいる腟や肛門と尿道との距離が近いということなどが挙げられます。性交が膀胱炎の原因になることもあります...

男性の膀胱炎についてご紹介します。男性の場合、膀胱炎は女性ほど一般的ではないようです。男性の場合は、まず尿道が感染します。そして、その感染が前立腺から膀胱に広がってしまい膀胱炎が起こります。男性が膀胱炎を繰り返してしまう原因として最も多いのは、前立腺の細菌感染が長期化していたり慢性化している点です。抗生物質を使ていけば膀胱内にたまった尿中の細菌はすぐに除去することができますが、抗生物質の大半は前立...

膀胱炎はどんな症状がでるのでしょうか。膀胱炎は、男性よりも女性がなる確率が高い病気です。膀胱炎は、放っておくと、辛い痛みや高熱がでてしまうこともあります。また、腎盂腎炎やなどを引き起こす可能性があります。膀胱炎の症状をきちんと把握しておいて、早めに対応することが大切です。膀胱炎の主な症状は、「何度もトイレに行きたくなる」、「排尿後に痛みがある」、「残尿感」、「尿が白く濁ったり、血が混じることがある...