膀胱炎関連ニュース

急性単純性膀胱炎というものは腎臓や膀胱になにも疾患がなくても発症する膀胱炎のことです。おもに性的活動期の女性に多くみられるもので大腸菌が原因になることが多いそうです。そして抗菌薬(抗生物質)が良く効きます。急性単純性膀胱炎は、20〜40才の女性の25〜35%が罹患するといわれており、感染症としては比較的軽症のものです。

 

急性単純性膀胱炎は治療も簡単と考えられていますが、症状の持続は平均6.1日くらいです。平均2日から4日は日常活動の制限があります。そして平均1日から2日は就業の制限などがあります。また平均0.4日の臥床がみられるというデータもあります。そのため社会的な損失は決して少なくありません。病気の診断は、頻尿(尿の回数が増える)や排尿痛(排尿時の痛み)、尿の混濁、残尿感、膀胱付近の不快感などの症状などがあげられます。

 

そして尿の検査をおこない膿尿(尿の中の白血球)、細菌尿(尿の中の細菌)が見つかると急性膀胱炎と診断されることになります。発熱や全身倦怠感などの重篤な症状はないため血液中の白血球増多や血沈の亢進、CRPの上昇などの炎症所見がないことから腎盂腎炎と区別することができます。細菌尿は尿中の細菌が104CFU/ml以上で膿尿については尿中の白血球数10個/mm3以上が基準となっております。

急性膀胱炎の原因菌についてですが、これは大腸菌が70%から95%を占めています。その他にも、ブドウ球菌属やプロテウス、肺炎桿菌属、そして腸球菌属などの細菌が認められていることがわかっています。10%から15%の症例をみてみると一般検査で一般の細菌が証明されないこともわかっています。そしてクラミジアやウレアプラズマ、マイコプラズマなどの関与も考えられているようです。

 

急性膀胱炎の原因となる大腸菌は、多くの抗菌剤が効果をみとめられていますが、ペニシリン系の薬剤に対する耐性菌がだんだんと増えてきているようです。ニューキノロン系や新経口セフェム系の薬剤の耐性菌はほとんどないこともわかっています。急性膀胱炎の26%は、2週間以内に自然に治癒するといわれています。抗菌剤の内服は短期間でも十分だと思われています。

 

欧米においては、ST合剤やサルファ剤などの薬剤がはじめに選択される薬として推奨されています。しかし、わが国においては、これらの薬剤には使用制限がありますので第二選択の薬剤となっています。ペニシリン系薬や第一世代セフェム系薬によっておこなわれる短期間の治療では膣や腸内に残存した大腸菌により早期の再感染が起こることが指摘されています。

急性膀胱炎の投与法についてですが、以前では抗菌薬は7〜10日間くらい内服していました。しかし、最近では単回投与や3日間投与法などが試みられているそうです。一部のニューキノロン系薬をみると単回投与も有効といわれています。しかしST合剤の1週間投与やニューキノロン系薬の3日間投与に比べてみると治療効果は劣るとされているそうです。

 

そのため、急性膀胱炎の治療についてはニューキノロン系薬の3日間投与が基本となっています。女性の再発性膀胱炎についてですが、急性膀胱炎の約半数は1年以内に再発すると言われており、研究によるとその大部分の原因が再感染であることが証明されているそうです。腸や膣などに残存している菌が原因となっているみたいです。

 

このような症例にたいしてもニューキノロン系薬の3日間投与が有効とされています。もちろん、何回も繰り返すような場合には泌尿器科の精密検査が必要となります。また、閉経後の婦人の場合も膀胱炎はしばしば認められています。この場合には再発が多いとさており抗菌剤の投与は十分に行う必要があるそうです。

膀胱炎に効果をもたらす薬は、薬局でも購入することができるみたいです。しかし、その場合には膀胱炎の薬が欲しいことを薬剤師さんなどに伝えるとよいでしょう。ただ、市販薬を用いるのではなくて膀胱炎をしっかりと治すためには専門の病院を受診したほうがよいでしょう。病院で、きちんとした検査を受けて、自分に合った薬を処方してもらった方が間違いないとおもいます。

 

ちなみに、以前市販されていた抗菌作用のある薬であるナリジクス酸やウロナミンなどは薬事法の改正によって現在では処方箋がない場合には購入することができなくなってしまったようです。膀胱炎は女性にとても多い病気だと言われています。その中でも、妊娠が可能な年齢に頻繁に起こる病気のようです。どうして女性に起こりやすいのかというと、女性の尿道が短くて細菌がいる膣や肛門と尿道との距離が近いことが原因と考えられています。

 

さまざまな薬が膀胱炎の症状を軽減するために使われているようです。切迫した尿意を引き起こす膀胱のけいれんを軽減するためアトロピン系の薬が用いられます。また、組織の炎症を和らげてくれて痛みを軽減するためには、フェナゾピリジン系の薬が効果をもたらすようです。また膀胱炎の治療に用いられる抗生剤のなかには「クラビット」というものがあります。この薬を服用するためには、必ず医師による診断を受けなければならないそうです。

もしも、あなたが膀胱炎になってしまったら、市販薬に頼るのではなくてきちんと専門医に診てもらうことをおすすめしたいとおもいます。抗菌薬抗生剤「クラビット」についてですが、この薬は決して安いものではありません。そのためだと思いますが、病院などで多く使われている薬のようです。専門誌をみてみると、特に痙攣(けいれん)などの中枢神経障害を警告しているものも実はあるみたいです。

 

保険薬価でみると100mg 1g 228.60円、100mg 1錠 183.90円とされています。この抗菌薬抗生剤「クラビット」について服用が禁止されている場合は次の通りになります。まずはクラビットの成分、もしくはオフロキサシンに対するアレルギーの前歴があるという場合です。そして妊婦、もしくは妊娠の可能性のある場合や小児が当てはまります。

 

抗菌薬抗生剤「クラビット」の服用を慎重にしなくてはならない場合には次のようなことがわかっています。まずは、高度の腎機能障害であること、てんかんなどのけいれん性疾患、あるいはこれらの前歴があること、キノロン系抗菌薬に対するアレルギーの前歴があること、高齢者であることなどです。そして授乳婦については、回避・授乳中止とされていることもわかっています。また、幼若犬などで関節異常が確認されているようです。

膀胱炎とは、一体どのような症状を持っている病気なのでしょうか。膀胱炎は尿道口から大腸菌などの細菌が膀胱に侵入してしまい起こる病気です。現代医学では実はまだ原因がよくわかっていない慢性的な膀胱炎「間質性膀胱炎」と区別しており、急性単純性膀胱炎と呼ぶこともあります。膀胱炎は女性に起こりやすい病気と言われています。

 

その理由としては男性に比べてみると女性の尿道は約4cmと短くて、膣や肛門に近いことにあるそうです。このため女性の尿道には常に細菌が侵入していますが、普通に健康な人であれば膀胱炎を発症することはあまりないそうです。それでは、膀胱炎の原因はいったい何なのでしょうか?女性の尿道は膣や肛門に近いので、大腸菌などの細菌の侵入を防ぐことはできません。

 

けれども健康な人の場合、免疫機構の働きによって侵入した細菌の活動は抑えられますので、それ以上増殖することはあまりありません。しかし、過労やストレス、流行性感冒(風邪)などによって免疫力が低下している状態で尿道に細菌が侵入してしまうと増殖を抑えられずに粘膜の炎症を起こすことがあります。これが膀胱炎の原因となってしまいます。

膀胱炎の症状についてご紹介したいと思います。膀胱炎にかかってしまうと、軽症であればトイレが近くなる(頻尿)となります。また、排尿した後もまだ残っているような感じがする(残尿感)といった症状が表われます。トイレが近くなったり残尿感があったりする症状は、膀胱に尿がなかったり少ししか溜まっていなかった場合にも炎症によって刺激がおこり尿意を感じるためです。

 

炎症がひどくなってしまうと膀胱内の炎症部分から出血してしまい、血尿が出ることもあります。また、白血球が尿に混ざってしまうためごった尿がでることもあります。炎症が膀胱から尿道全体に広がっていってしまうと、排尿する時に痛みを感じることがあります。膀胱炎がひどくなってしまうとトイレに間に合わないということがしばしば起こってしまいます。

 

トイレの直前で漏らしてしまうこともあるかもしれません。もしかしたら、下着を下ろす前に漏らしてしまうこともあるかもしれません。このような状態のことを切迫性尿失禁と呼んでいます。 これは、正常なら排尿の準備が済んでから脳から膀胱に指令が出るため、それから排尿するのに、炎症によって膀胱が命令を聞かなくなってしまい勝手に収縮を始めて排尿を行なってしまうからです。さらに膀胱炎がひどくなってしまうと、細菌が腎臓に達することもあります。この場合には、発熱とともに背中や腰などへの痛みがあります。

膀胱炎の治療法についてご紹介したいと思います。膀胱炎は比較的、簡単に治る病気といわれています。病院で処方されている抗生物質を3日〜7日間くらい服用すれば1週間程度で症状が改善していきます。大抵は3日くらいで症状が軽くなっていきますが、完全に菌をなくすためには7日間くらいは薬を飲み続けたほうがよいでしょう。

 

膀胱炎の治療薬は市販もされています。しかし、できるだけ病院を受診したほうがよいでしょう。治療中の注意点としては、安静を保つことや刺激物を摂取しないことなどです。そのほかにも水分を多めにとることが挙げられます。水分を多くとるということは尿を排出する回数を増やしていき、できるだけ早く細菌を体外に追い出す目的があるといわれています。

 

膀胱炎にならないためには、膀胱炎になる要素を絶っていくことです。具体的にいうと「膀胱に菌を入れない」ことや「膀胱で菌を増やさない」こと、そして「免疫力を低下させない」ことの3点を守ることです。「膀胱に菌を入れない」とは、女性の場合には排便後に前から後ろに拭く生理用ナプキンなどをこまめに替えたり、性交の前に陰部や手指を清潔にするといった点です。そして性交後に排尿するようにしたりしましょう。

膀胱炎になる直接的な原因は、免疫力の低下による細菌の増殖です。しかし尿道に細菌が侵入してしまう要因のひとつとして、性交が挙げられるとおもいます。心身ともに疲労しており免疫力の低下した状態で出かけることの多い新婚旅行の場合には膀胱炎になってしまう「ハネムーン膀胱炎」を経験する新婦さんも中にはいるようです。

 

また、解剖学的に尿道口と膣が近いので性交によって膀胱炎にかかりやすい女性もいることが報告されています。他にも「おしっこを我慢すると膀胱炎になっちゃうよ」と母親に言われた人も少なくないと思います。本当におしっこを我慢すると膀胱炎になってしまうのでしょうか。結論から言うと、おしっこを我慢したからといって膀胱炎になることはありません。

 

けれども、膀胱炎になりやすい要素を作り出しているということが言えます。なぜかというと、もともとの尿中には少量の細菌が含まれています。そして、おしっこを我慢している時間が長くなってしまえば膀胱内で細菌がどんどん繁殖してしまいます。この時期に免疫力が低下してしまっていると、膀胱炎になる確率は高くなってしまいます。

一年に何度も膀胱炎になってしまうという方もなかにはいると思います。膀胱炎は、完治すれば何の心配もありません。そして1年に2回から3回程度かかっても発熱を伴わず、その都度完治しているのなら正常だといえます。しかし、短期間に頻繁に膀胱炎を繰り返すような場合には、慢性膀胱炎が疑われてしまいます。慢性膀胱炎は、膀胱が長期間炎症を起こしてしまい治りにくくなった状態のことです。

 

また、腎臓の病気や結石、結核、ガンなどの他の病気である可能性が考えられます。さらに、間質膀胱炎なども疑われてしまいます。このような場合には早めに泌尿器科を受診したほうがよいでしょう。膀胱炎は、抗菌薬(抗生物質)を1日〜3日くらい服用すれば劇的に症状が改善していきます。何日も薬を飲んでも症状が改善しないような場合には、ほぼ間違いなく他の病気が疑われると思います。

 

特に注意が必要なものは、間質性膀胱炎です。間質性膀胱炎は、頻尿や強い尿意、また排尿痛など膀胱炎と共通する症状があるのですが、膀胱炎(急性単純性膀胱炎)とは別の病気なのです。 膀胱炎は膀胱内部の粘膜に細菌が増殖してしまい炎症を起こすものなので抗菌薬がよく効きます。しかし、間質性膀胱炎は細菌性ではないのでいくら抗菌薬を飲んだとしても症状が改善することはありません。

病院で膀胱炎の検査をおこなっても異常がないと言われたら間質性膀胱炎かもしれません? 膀胱炎は尿の中から細菌が検出されることによって、すぐに診断することができる病気です。しかしながら、頻尿や強い尿意、また膀胱の痛みなどの症状があるのに尿中から細菌が検出されないで、検査の結果「異常なし」というように診断されてしまうことがあります。

 

もしも、そのような状態になったら要注意だといえます。間質性膀胱炎になっている可能性があると思います。間質性膀胱炎とは、炎症が膀胱の粘膜の奥の間質という部分に達してしまった状態のことです。間質性膀胱炎の原因や治療法は、まだまだ十分に分かっていないことが現状のようです。かかた病院によっては満足な治療が受けられないこともあります。

 

なるべく良いお医者さんを探してみましょう。膀胱炎の年齢層についてですが、膀胱炎になりやすい人はどのような人なのでしょうか。膀胱炎の患者の中で圧倒的に多いのは20代から30代にかけての年齢層の女性だといわれています。ただし、その年代の女性が特にかかりやすいというわけではなくて、どの年代でもかかる可能性はあります。

統計的にて若い女性に膀胱炎が多いことには理由があります。まず、20代から30代の女性の場合は仕事が忙しくてトイレを我慢しがちであることです。これでは、膀胱内で細菌が増殖してしまう原因となってしまいます。また、若い女性は性行動が他の年代に比べて活発だといえます。これは膀胱に細菌が侵入する危険を高めてしまいます。

 

さらに、羞恥心から異常を感じたとしてもなかなか病院に行かないことも少なくありません。このようなことが膀胱炎を悪化させるということにもつながっているようです。膀胱炎の主な菌はどのようなものなのでしょうか?膀胱炎の原因となる細菌は様々です。例えば腸球菌・ブドウ球菌・セラチア菌などがありますが、圧倒的に多いのは大腸菌です。そして膀胱炎の原因の8割を占めると言われます。

 

膀胱炎の原因となる大腸菌は、患者さん本人の肛門から尿道に侵入したものです。そして慢性膀胱炎というものがあります。この慢性膀胱炎は、膀胱が長期間炎症を起こしてしまいなかなか治りにくい状態のことをさしています。ひと口に慢性膀胱炎と言っても、そのタイプは色々とあるのです。慢性単純性膀胱炎は一番軽いタイプの普通の膀胱炎が慢性的に続くような状態のことをさしています。

膀胱炎のなかで複雑性膀胱炎というものがあります。この複雑性膀胱炎は泌尿器科の基礎疾患が原因となっている膀胱炎のことです。複雑性膀胱炎の場合は、抗菌薬の投与だけでは症状を改善することができません。基礎疾患の治療が必要となります。基礎疾患の例としては、排尿障害などが挙げられるそうです。それから間質性膀胱炎という症状もあります。

 

この間接性膀胱炎の症状は炎症が膀胱内の粘膜の表面から進んでしまい、その奥の間質と呼ばれる層に達した状態のことです。膀胱の痛みと頻尿が特徴となっており、膀胱が次第に悪化していきますので萎縮してしまいます。現代医学ではまだ治療法が確立されておりませんので間接性膀胱炎は完治の難しい病気だといえます。

 

妊娠と膀胱炎の関係ついてですが、もしも妊娠している時に膀胱炎になったら何らかの害が胎児に影響するのでしょうか?妊娠中は膀胱炎になりやすいと言われております。妊娠中は抵抗力が落ちていることもありますし、おりものなどにより外陰部が不潔になりやすいこともあります。さらに圧迫することによって排尿しても膀胱に尿が残ってしまいやすいことが原因しているようです。

妊娠と膀胱炎の関係ついてご紹介したいと思います。もしも妊娠している時に膀胱炎になってしまったらどうすればよいのでしょうか。膀胱炎になってしまうことによって何らかの害が胎児に影響するのでしょうか?妊娠中は膀胱炎になりやすいと言われております。また、妊娠中は抵抗力が落ちています。

 

そして女性は、おりものなどによって外陰部が不潔になりやすいこともあります。さらに圧迫することによって排尿しても膀胱に尿が残ってしまいやすいことが原因だといわれています。膀胱炎自体が胎児に何らかの悪影響を及ぼすといった心配はまったくありません。また、膀胱炎の治療にたいして使われる抗生物質についても心配はないそうです。

 

膀胱炎の治療に使用されてる抗生物質は、長いあいだ使用されており安全性が十分に確認されています。そのため、膀胱炎の治療薬を服用することによって胎児へ悪影響が及ばされるのではないかというような心配をする必要はないとされています。どうしても、心配な場合には医師によく相談してみると良いでしょう。

 

紹介したいと思います。もしも妊娠している時に膀胱炎になってしまったらどうすればよいのでしょうか。膀胱炎になってしまうことによって何らかの害が胎児に影響するのでしょうか?妊娠中は膀胱炎になりやすいと言われております。また、妊娠中は抵抗力が落ちています。

 

そして女性は、おりものなどによって外陰部が不潔になりやすいこともあります。さらに圧迫することによって排尿しても膀胱に尿が残ってしまいやすいことが原因だといわれています。膀胱炎自体が胎児に何らかの悪影響を及ぼすといった心配はまったくありません。また、膀胱炎の治療にたいして使われる抗生物質についても心配はないそうです。

 

膀胱炎の治療に使用されてる抗生物質は、長いあいだ使用されており安全性が十分に確認されています。そのため、膀胱炎の治療薬を服用することによって胎児へ悪影響が及ばされるのではないかというような心配をする必要はないとされています。どうしても、心配な場合には医師によく相談してみると良いでしょう。

クラミジアと膀胱炎の関係についてご紹介したいと思います。クラミジアと膀胱炎は関連性はあるのでしょうか?性行為感染症であるクラミジアに感染してしまうと、潜伏期間を経てから男性では尿道出口のかゆみや白濁尿、排尿痛などがあらわれます。そして、女性ではおりものなどの症状が表われます。

 

クラジミアは、潜伏期間が長くて、症状が軽かったりすると感染に気付かないこともあります。特に女性の場合には、放置していると感染が膣から尿道・膀胱に広がってしまい胱炎を発症することがあります。クラミジアが原因となる膀胱炎も、大腸菌などが原因の膀胱炎と同じように抗生物質の服用で治療することができます。

 

膀胱炎が疑われる場合には、診療に最も適しているのは泌尿器科です。ただ、泌尿器科は男性や性病の患者さんがかかるところというイメージから、診察を受けることにたいして抵抗感を覚える女性も少なくないようです。実際に泌尿器科の患者の7割は男性だと言われています。最近では、女性が来やすいようにと「女性クリニック」などの看板を掲げているところもあります。

 

泌尿器科と婦人科両方を診察する病院もでてきております。女性の排尿障害の場合には、泌尿器系だけでなく婦人科系の知識が必要となるため、女性の膀胱炎の場合はこうした病院を探してみるのも良い方法だと思います。

間質性膀胱炎の原因についてご紹介したいと思います。実は間質性膀胱炎の原因はまだよくわかっていないそうです。原因については、幾つかの説が唱えられています。間質性膀胱炎の患者の膀胱粘膜からアレルギー疾患を引き起してしまう肥満細胞が多く発見されているため、アレルギー反応によるものだという説が有力視されています。

 

実際に間接性膀胱炎の治療においても抗アレルギー薬が用いられています。間質性膀胱炎の場合の注意点についてですが、尿が酸性になったり、刺激の強い食品を摂ったりすることによって間接性膀胱炎の症状を悪化させてしまうと考えられます。アルコールやカフェインを含んだ飲食物は避けたほうが良いでしょう。

 

また、膀胱炎になると早めにトイレに行くようにして、細菌を早めに排出させることを心がけますが、間質性膀胱炎の場合には、細菌性ではないため、その必要はありません。間質性膀胱炎は長期的な病気になりますので、尿があまり溜まらないうちに排出する習慣をつけていれば膀胱が萎縮して、尿を溜めておけなくなってしまいます。できるだけ尿意を我慢して膀胱の力を保つようにしましょう。

女性は膀胱炎になりやすいといわれています。トイレが異常に近かったり、排尿する時に痛みがあるなど、膀胱炎の症状は排尿に関するものなのでかなり不快なものだと思います。そのため、泌尿器科を受診する女性の病気のなかで一番多い症状が膀胱炎です。実は同じような症状に悩んでいる女性はかなり多いのです。

 

女性に膀胱炎が多いのは、女性の体の構造と深く関係すると言われておちます。膀胱炎には慢性の膀胱炎と急性の膀胱炎があり、いくつかのタイプがあります。一番多いのは細菌の感染から起こる急性膀胱炎です。その原因となるのは、大腸菌が圧倒的に多いといされています。その他にも腸球菌やブドウ球菌などがあり、原因はごくありふれた細菌がほとんどです。

 

このような細菌が尿の出口(尿道口)から侵入してしまい膀胱に入って炎症を引き起こすといわれています。女性の場合には、尿道が男性に比べて短く直線的となっておりますので、膀胱に細菌が侵入しやすいといわれています。また肛門と尿道口が近いことも、膀胱炎になりやすい原因とされています。ちなみに、男性の尿道は平均して15〜17センチはありますが、女性の場合はわずか3〜5センチぐらいしかないそうです。

膀胱には感染を防御するための力も備わっています。そのため、多少の菌が侵入した程度では、そう簡単には感染を起こさないようになっております。しかし、疲れがたまってしまっていたり風邪をひいていて体調が悪かったり寝不足が続いていたりした場合には一時的に抵抗力が落ちています。そうすると膀胱炎にもなりやすくなってしまいます。

 

20代から30代の女性は、一般的には体力もありますので病気にはなりにくいと思いますが、膀胱炎はこうした若い女性にも実は多発しています。ひとつには、性行為からも細菌感染が起こるためだといわれています。また、女性の場合は出勤や登校などで忙しい朝の時間帯は、家族にトイレを譲ったりすることもあります。

 

外出先などでは、ついついトイレを我慢してしまう傾向があります。このような我慢も、膀胱の中で菌を繁殖させてしまいますので、膀胱炎を引き起こす原因となってしまいます。このようなことを踏まえてできるだけ、トイレを我慢しないようにしたほうが良いでしょう。なるべく時間に余裕をもって行動することをおすすめします。

急性の膀胱炎は、トイレが異常に近くなってしまう頻尿になることがあります。また排尿時に痛みがあったり尿の濁りなどが3大症状だといえます。加えて、排尿後も尿が残っているようでスッキリしないといった残尿感があったりします。時には血尿が出ることもあります。急性の膀胱炎で尿道口から膀胱に侵入した細菌は、膀胱の壁(粘膜)に炎症を起こしてしまいます。

 

症状がひどくなってしまうと膀胱全体が真っ赤になるほど激しい炎症を起こしてしまい、出血することもあります。この出血が血尿の原因となるわけです。尿の濁りは、肉眼ではあまりよくわかりませんが、尿の中に白血球などが混じってしまうためです。排尿時の痛みは、膀胱の粘膜が炎症のために刺激されることが原因となります。多くの場合は、排尿が終わる時にツンとした焼けつくような、また突き上げられるような痛みがあります。

 

これは、膀胱が空になった時に、粘膜の炎症を起こした部分がくっついてしまい刺激されるためのようです。また、炎症が膀胱から尿道全体に及ぶようになってしまうと排尿を始める時にも痛みが出てしまいます。このような排尿時の痛みはかなり辛いものだといえます。そしてトイレが近くなったり、排尿後もスッキリしないというのも、炎症のためなのです。

膀胱炎の症状によって、時には切迫性尿失禁という症状を起こすことも珍しくはないそうです。これは、尿意を感じたとしてもトイレに間に合わないことや、トイレに何とか間に合ってもドアを占めて下着を下ろしているあいだに漏れてしまうといった症状のことです。本来ならば、排尿の準備が整って脳から指令が出ますので初めて膀胱が収縮し尿が出ます。

 

しかし、切迫性尿失禁の場合は、脳の指令に関係なく勝手に膀胱が収縮してしまいますので尿が出てしまうのです。このような状態は女性にとって辛い症状だといえるでしょう。そして炎症などによって膀胱が過敏になることも、切迫性尿失禁の原因のひとつだと言われています。急性膀胱炎がひどくなってしまうと細菌が膀胱から尿管を伝わって上にあがってしまい腎盂腎炎を起こすことがあります。

 

膀胱炎では熱は出ないのですが、腎盂腎炎になってしまうと38度以上の熱が出てしまい、腰痛や背中の痛みが起こるのが大きな特徴です。腎盂腎炎の場合、炎症が腎臓の実質にまで及んでいるため膀胱炎よりもその症状は重いといえるでしょう。これにも抗生物質などの薬がよく効くようですが、治療をするためには入院して行われることが多くなります。

膀胱炎には、細菌を殺すための抗生物質や抗菌剤などが使われます。早い人は薬を飲んでから1日、通常では2〜3日くらいで痛みやトイレが近いといった症状は軽減されていきます。ただ、症状はよくなったとしても細菌が生き残っていることがありますので、膀胱炎の程度や年齢、持病などによっては3日から1週間ぐらいは薬の服用を続けるのが基本です。

 

それと同時に、膀胱炎の治療や予防にも非常に大切なのが日常生活の注意だといえるでしょう。次のような点に注意をするようにしましょう。まずは治療中は刺激物やアルコールは避けるようにします。アルコールや刺激物は、炎症を悪化させてしまいため、膀胱炎の治療中は避けたいものです。そして治療中は、セックスも避けるようにします。セックスは細菌感染の原因ともなるので、治療の間は避けるようにしましょう。

 

膀胱炎の人の場合は、排尿時の痛みが辛いので、ついつい水分の取り方を控えてしまいがちですよね。しかし、尿がたくさん膀胱にたまればたまるほど痛みもやわらいでいきます。水分を控えるほど痛みは強くなってしまうのです。また、普段から尿をたくさん出すようにすることは、菌を洗い流して膀胱炎を予防するためにも大切なことなのです。一日1.5リットルぐらいの水分を補給することを目安にしておきましょう。

膀胱炎にならないためには日常生活でいろいろな注意点があります。それではご紹介します。まずは、トイレは我慢しないことです。もし、トイレに行きたくなったら、できるだけ我慢しないようにしましょう。それが、膀胱において雑菌の繁殖を防ぐことになります。そして疲れをためないようにしましょう。風邪をひいてしまったり過労や睡眠不足などがあると膀胱炎を起こしやすくなります。

 

適度に休養をとるように常に心がけましょう。あとは局所の清潔です。とくに月経時やセックスの前後は、外陰部をきれいに洗うようにして清潔にしましょう。また、排便した後に後ろから前に向かって局所を拭くと、尿道に細菌感染が起こりやすいため、膀胱炎になりやすい人は前から後ろにむかって拭くのもいい方法です。膀胱炎は治療方法や日常生活の注意からほとんどが治ります。

 

とくに安静にする必要はありませんし、疲れがたまっていなければスポーツをしたり仕事もとくに制限することはありません。しかし、それでも治らない場合には、何か別の病気が潜んでいる可能性もあるため注意しましょう。膀胱がんや尿路結石、糖尿病による免疫力の低下から起きている膀胱炎は、まず原因になっている病気を治すことが大切です。あるいは性感染症から膀胱炎症状を起こしている場合もあります。そのためにも、きちんと病院で検査を受ける必要があるといえるでしょう。

膀胱炎とは、膀胱が感染したことによって炎症を起こした状態のことをいいます。膀胱炎は特に女性に多くみられる病気です。そして妊娠可能な年齢でよく起こるようです。膀胱炎を繰り返して起こす女性もいるといわれています。女性に膀胱炎が起こりやすい理由としてあげられるものは、女性の尿道が短いことです。

 

また、細菌のいる腟や肛門と尿道との距離が近いということなどが挙げられます。性交が膀胱炎の原因になることもあります。これは性交をした時の動きによって尿道が傷ついてしまうと、細菌が尿道を登ってしまい膀胱に侵入しやすくなるからです。妊娠した状態では膀胱を空にしにくくなりますので、妊婦は特に膀胱炎を起こしやすい状態になりますので注意が必要です。

 

避妊用のペッサリーを使えば膀胱炎を起こすリスクが高くなってしまいます。それはペッサリーに使われている殺精子薬により腟内に通常みられる細菌が抑制されてしまい、膀胱炎を起こす細菌の割合が増えるためだと考えられています。まれに、膀胱と腟の間に異常な通路(膀胱腟瘻)があった場合には、それが原因となり膀胱炎が繰り返して起こることがあります。

男性の膀胱炎についてご紹介します。男性の場合、膀胱炎は女性ほど一般的ではないようです。男性の場合は、まず尿道が感染します。そして、その感染が前立腺から膀胱に広がってしまい膀胱炎が起こります。男性が膀胱炎を繰り返してしまう原因として最も多いのは、前立腺の細菌感染が長期化していたり慢性化している点です。

 

抗生物質を使ていけば膀胱内にたまった尿中の細菌はすぐに除去することができますが、抗生物質の大半は前立腺の内部にまでは十分に届きません。そのためその部分の感染はなかなか完全には治らないのです。その結果、薬物療法を中止してしまうと前立腺内部に残っていた細菌により、膀胱が再び感染を起こしてしまいがちです。

 

カテーテルや外科手術で使う器具により膀胱に細菌がもちこまれてしまい膀胱炎が起こることもあります。腎臓結石や前立腺肥大などが原因となり狭窄部位ができて尿流が妨げられてしまうと、細菌を含んでいる尿がその部分に滞留してしまいます。そのうち細菌の数が増えてしまい、閉塞した部位より上部で感染症を起こしやすくなってしまうのです。

 

男女ともに、膀胱と腸管の間に膀胱小腸瘻といった異常な通路ができてしまうと空気が膀胱に入ってしまうことがあります。そしてガスを発生する細菌が膀胱に入ってしまい増殖することがあります。そのような場合には、気泡が尿に混じる気尿症が生じてしまいます。子宮下垂や膀胱下垂といった構造上の異常があれば排尿時に膀胱を空にする力が低下してしまい膀胱炎を引き起こしやすくなります。

膀胱炎はどんな症状がでるのでしょうか。膀胱炎は、男性よりも女性がなる確率が高い病気です。膀胱炎は、放っておくと、辛い痛みや高熱がでてしまうこともあります。また、腎盂腎炎やなどを引き起こす可能性があります。膀胱炎の症状をきちんと把握しておいて、早めに対応することが大切です。膀胱炎の主な症状は、「何度もトイレに行きたくなる」、「排尿後に痛みがある」、「残尿感」、「尿が白く濁ったり、血が混じることがある」というものです。

 

初期の膀胱炎の場合、トイレに行く回数が増えます。尿意を感じて1日10回以上もトイレに行くようになりますが、排尿してもすっきりしない、残尿感が残ってしまいます。また、尿が白く濁ったり、時には血が混じる血尿が出ることもあります。また、排尿の最後の方や、排尿後に痛みを伴ってきます。膀胱炎の痛みでよく言われるのが、「つーんとしたしみるような痛み」です。

 

これは、尿の貯蔵庫である膀胱が、細菌感染によって膀胱炎になってしまい膀胱の内側が敏感になっているために起こる痛みです。膀胱炎が軽い場合、自覚症状がないこともあるそうです。特に高齢者などは、違う症状で尿検査をしたら膀胱炎だった、ということもよくある話みたいです。膀胱炎が悪化してくると、残尿感がひどくなってしまいますので何度も何度もトイレに行くようになります。