膀胱炎と尿道の関係

膀胱炎とは、一体どのような症状を持っている病気なのでしょうか。膀胱炎は尿道口から大腸菌などの細菌が膀胱に侵入してしまい起こる病気です。現代医学では実はまだ原因がよくわかっていない慢性的な膀胱炎「間質性膀胱炎」と区別しており、急性単純性膀胱炎と呼ぶこともあります。膀胱炎は女性に起こりやすい病気と言われています。

 

その理由としては男性に比べてみると女性の尿道は約4cmと短くて、膣や肛門に近いことにあるそうです。このため女性の尿道には常に細菌が侵入していますが、普通に健康な人であれば膀胱炎を発症することはあまりないそうです。それでは、膀胱炎の原因はいったい何なのでしょうか?女性の尿道は膣や肛門に近いので、大腸菌などの細菌の侵入を防ぐことはできません。

 

けれども健康な人の場合、免疫機構の働きによって侵入した細菌の活動は抑えられますので、それ以上増殖することはあまりありません。しかし、過労やストレス、流行性感冒(風邪)などによって免疫力が低下している状態で尿道に細菌が侵入してしまうと増殖を抑えられずに粘膜の炎症を起こすことがあります。これが膀胱炎の原因となってしまいます。