膀胱炎の原因

膀胱炎の原因

膀胱炎とは、膀胱に炎症が起こり、尿を溜めたり、排尿するという膀胱の働きに支障が出てしまう病気です。膀胱炎のほとんどは、細菌が感染することで、膀胱に炎症が起こります。

 

膀胱炎の原因は、細菌感染であり、細菌の感染は、細菌が、尿道から膀胱に侵入してくることで起こります。もともと、膀胱内の尿には少量の細菌が存在しており、また、膀胱は細菌への抵抗力があります。しかし、疲労やストレスなどで、体力が落ち抵抗力が弱くなると、細菌に感染しやすくなり、膀胱内の細菌が増殖することで膀胱炎になります。膀胱炎の原因となる細菌には、ブドウ球菌や大腸菌、セラチア菌、プロテウス、肺炎桿菌、腸球菌などが見られ、その中でも大腸菌が原因菌の80%前後を占めるといわれています。

 

膀胱炎は、圧倒的に男性より女性に発症しやすい病気です。それには、女性の身体の構造が関係しています。女性の尿道は男性に比べ短かく、また、細菌のいる膣や肛門、尿道が近くにあり、外部からの細菌が膀胱に入りやすくなっています。膀胱炎の原因となる細菌感染は、尿道付近の膣や肛門が排便後の拭き残しなどで、清潔に保てなかったり、不潔な状態で性行動をすることで起こります。また、ストレスがたまっていたり、過労やダイエットで体力が落ちることで、抵抗力が弱くなり、細菌感染しやすくなります。

 

膀胱の主な働きのひとつである排尿は、尿道や膀胱に存在する細菌を尿で洗い流す役割があります。しかし、尿意があるのにトイレに行くのを我慢することを繰り返すと、細菌感染が起こり、膀胱炎の原因になってしまいます。膀胱炎の原因は、日常のちょっとした心がけで改善することができます。当てはまる部分がある場合は、膀胱炎になってしまう前に、気をつけ、改善するように心がけましょう。