膀胱炎のいろいろ

女性にとって、膀胱炎は、一生に一度必ず発症するといわれるほど、とてもポピュラーな病気です。膀胱炎が女性に発症しやすい理由に、女性の身体の構造が挙げられます。女性の尿道の長さは、男性が14〜18センチあるのに比べ、女性は、たった3〜5センチしかありません。それに加えて、尿が排出される出口と、細菌が多くいる肛門や膣が近くに存在しています。その結果、菌は膀胱内に侵入しやすい環境となっているのです。膀胱の...

女性の膀胱炎はポピューラなのに対し、男性の膀胱炎はめったありません。しかし、男性の膀胱炎は、女性に比べやっかいな病気といわれています。女性は、尿道が男性の3分の1程の長さしかないので、外部の細菌がダイレクトに膀胱に侵入しやすくなっていますが、男性の尿道は長いので、外部の細菌が直接侵入してくる前に、排尿によって洗い出されるので、普通に生活している分には、男性が膀胱炎になることはほとんどありません。し...

膀胱炎は、女性に多いといわれていますが、子供の膀胱炎は、赤ちゃんの頃は男の子に多く見られます。1歳未満の乳幼児の時期は、膀胱尿管逆流症や水腎症などの先天的異常があるため、女児より男児の方が膀胱炎や尿路感染症になることが多いようです。膀胱尿管逆流症とは、腎臓と膀胱をつなぐ尿管という部分があり、尿管と膀胱の境目に異常をきたし、膀胱に貯まった尿が尿管や腎臓に逆流してしまう症状です。水腎症とは、腎臓で作ら...

妊娠をすると、膀胱炎になりやすいとよく言われます。その原因は、妊娠によってお腹が大きくなり、膀胱が圧迫され膀胱内の尿が空になりにくく、細菌の感染が起こり膀胱炎になる傾向にあります。一般的に、膀胱炎でも症状がない場合は、抗生物質は控えることが多いようです。抗生物質を継続的に投与すると、耐性を持つ細菌を増やしてしまうことがあるからです。しかし、妊娠中の場合、膀胱炎の病原菌が腎臓まで感染を起こしてしまう...