膀胱炎と避妊薬の関係

膀胱炎とは、膀胱が感染したことによって炎症を起こした状態のことをいいます。膀胱炎は特に女性に多くみられる病気です。そして妊娠可能な年齢でよく起こるようです。膀胱炎を繰り返して起こす女性もいるといわれています。女性に膀胱炎が起こりやすい理由としてあげられるものは、女性の尿道が短いことです。

 

また、細菌のいる腟や肛門と尿道との距離が近いということなどが挙げられます。性交が膀胱炎の原因になることもあります。これは性交をした時の動きによって尿道が傷ついてしまうと、細菌が尿道を登ってしまい膀胱に侵入しやすくなるからです。妊娠した状態では膀胱を空にしにくくなりますので、妊婦は特に膀胱炎を起こしやすい状態になりますので注意が必要です。

 

避妊用のペッサリーを使えば膀胱炎を起こすリスクが高くなってしまいます。それはペッサリーに使われている殺精子薬により腟内に通常みられる細菌が抑制されてしまい、膀胱炎を起こす細菌の割合が増えるためだと考えられています。まれに、膀胱と腟の間に異常な通路(膀胱腟瘻)があった場合には、それが原因となり膀胱炎が繰り返して起こることがあります。