膀胱炎の治療

膀胱炎の治療

病院の診察で、問診の結果、膀胱炎の疑いがある場合、一般的な検査方法は、まずは、尿検査です。尿検査では、試験紙や、尿沈査、尿細菌検査などがあります。試験紙での検査では、採尿した尿を試験紙につけ、色の変化で異常がないか調べます。試験紙では、タンパクや糖、ケトン体、潜血反応などがみられ、膀胱炎の場合、タンパクや潜血反応に反応が出てきます。尿沈査とは、尿を遠心分離機にかけて、尿の中の成分を分離させ、尿中の...

膀胱炎の治療方法は、原因や膀胱炎の種類、程度によって異なります。軽度の膀胱炎の場合は、病院で診察を受けても、自然治癒で治していくことがあります。排尿は、膀胱内に溜まった細菌を外に洗い流す役目があります。尿をたくさん作るために、多めに水分を摂り、排尿を促します。膀胱炎になると、排尿時や膀胱に尿が溜まると痛みがあるために、水分を摂ることを嫌がってしまう人がいますが、膀胱内の細菌を排出するためにも、水分...

膀胱炎の治療には、薬が使われます。膀胱炎の種類や原因、症状の程度などにより、飲み薬の他のもいろいろな薬剤が使われます。膀胱炎の多くを占める急性膀胱炎などの細菌性の膀胱炎は、大腸菌によるものがほとんどです。その場合、治療のためには、抗生物質などの抗菌剤の内服薬が処方されます。抗菌剤には、クラビットやタリビット、バクシダールなどのニューキノロン系剤、サワシリンやビクシリンなどのペニシリン系剤、パンスポ...