膀胱炎の薬

膀胱炎の薬

膀胱炎の治療には、薬が使われます。膀胱炎の種類や原因、症状の程度などにより、飲み薬の他のもいろいろな薬剤が使われます。膀胱炎の多くを占める急性膀胱炎などの細菌性の膀胱炎は、大腸菌によるものがほとんどです。その場合、治療のためには、抗生物質などの抗菌剤の内服薬が処方されます。

 

抗菌剤には、クラビットやタリビット、バクシダールなどのニューキノロン系剤、サワシリンやビクシリンなどのペニシリン系剤、パンスポリンやフロモックスなどのセフェム系剤などがあります。特にニューキノロン系剤は、大腸菌に有効な抗菌剤です。処方された抗菌剤の服用を続けても、症状が改善されない場合は、原因となる菌を検査し、有効な薬を処方し直すこともあります。また、細菌が原因ではない膀胱炎の場合は、抗菌剤を飲んでいても、効果はありません。

 

膀胱炎により起こる、頻尿や残尿感などの不快感を取り除くために、ウリトリスやデトルシトールなどの抗コリン剤を使う場合があります。膀胱の収縮を抑える薬で、対症療法薬です。薬を飲んで、頻尿や不快感を抑えるより、水分を多めに摂り、排尿を促す事が大切です。膀胱炎での痛みを和らげるためには、鎮痛剤を使います。ボルタレンやロキソニン、ポンタールなどです。鎮痛剤は、胃が荒れてしまう場合がありますので、病院によっては、整腸剤が一緒に処方されることがあります。また、ニューキノロン系剤との相性によっては、副作用でけいれんを引き起こす可能性がありますので、注意が必要です。

 

間質性膀胱炎と診断された場合、細菌が原因ではないので、抗菌剤は使われません。間質性膀胱炎で使われる内服薬は、睡眠不足や不安改善効果の抗うつ剤、間質性膀胱炎に有効であると報告がある抗アレルギー剤のトシル酸スプラタストなどがあります。また、症状が改善されない場合、抗炎症作用や、鎮痛作用のある薬剤を膀胱に直接注入する治療方法もあります。市販されている薬で、膀胱炎に効果のあるものもありますが、原因である細菌をやっつける抗菌剤は、市販されていません。膀胱炎の症状が辛い場合は、早めに病院で診察を受け、適切な処置・薬の処方をしてもらいましょう。