急性膀胱炎

急性膀胱炎

急性膀胱炎とは、細菌が原因で起こる膀胱炎です。一般的に膀胱炎と呼ばれる疾患のほとんどは、この急性膀胱炎だといわれています。急性膀胱炎は、基礎疾患のない単純性がほとんどです。女性は必ずかかるといわれるほど、女性に多く、男性には希です。

 

急性膀胱炎のほとんどは、細菌感染によるものです。肛門や膣などの細菌は尿道を通り、膀胱内に侵入してきます。普通の健康な状態では、身体の抵抗力があり、排尿により、膀胱内に入った細菌は外に排出されるので、膀胱内に細菌が入ったからといって、必ず膀胱炎になるわけではありません。ストレスや過労による疲れや、風邪や無理なダイエットなどでの体力消耗、尿意があるのにトイレを我慢する、体の冷えなどにより、抵抗力が落ち、細菌が繁殖・感染することで起こります。

 

細菌感染により炎症を起こした膀胱は、膀胱炎の症状を出してきます。排尿の回数は、正常では、昼間に4〜5回、夜に1回ですが、急性膀胱炎になると、1日に10回以上トイレに行きたくなる、頻尿の状態になります。また、排尿後や終える時に、ひどい痛みが起こります。また、尿が白く濁ったり、血尿が出たりします。発熱は、しても微熱程度で、高熱にはなりません。高熱が出た場合、腎盂腎炎などの病気が疑われます。

 

急性膀胱炎の治療には、抗生物質や抗菌剤が処方され、1〜2週間程続ければ治ります。薬を服用して数日で、膀胱炎の症状は改善されますが、薬の服用は、膀胱炎をしっかり治すために、処方された分は続けるこが大切です。また、薬の服用と共に、水分を多くとり、尿意がなくてもこまめにトイレに行き、身体を清潔に保ちます。抵抗力を落とさないために、身体を休めることも必要です。