間質性膀胱炎

間質性膀胱炎

間質性膀胱炎とは、慢性膀胱炎の一種で、上皮と筋肉の間にある間質が慢性的に炎症を起こす膀胱炎です。女性に多い病気で、膀胱炎の中でも、症状が重く、非常につらい病気です。

 

間質性膀胱炎の症状は、頻尿や残尿感、排尿後の痛みや不快感など、細菌性の膀胱炎とよく似ています。急性単純性膀胱炎や慢性複雑性膀胱炎は、細菌感染が原因の膀胱炎のため、抗生物質や抗菌剤の処方で症状は改善されます。しかし、間質性膀胱炎は尿検査をすると、細菌は見られず、よって、抗生物質や抗菌剤を服用しても、効果はありません。だからといって、ストレスなどの精神的なものが原因というわけではなく、今のところ、はっきりとした原因は分かっていません。

 

間質性膀胱炎は、間質が炎症を起こし、膀胱の筋肉が萎縮してしまいます。そのため、膀胱が膨らまず、正常時の半分以下の量の尿しか溜めることができません。また、尿が膀胱に貯まってくると炎症があるため、痛みが出てきます。病院を受診すると、急性膀胱炎の症状があるので、抗生物質を処方されたり、尿検査では細菌が見られないので、精神的なものからくる膀胱炎と診断されることが多く、間質性膀胱炎と診断されるまで、長い時間がかかってしまうこともこの病気の特徴といえます。

 

間質性膀胱炎の症状は、急性膀胱炎と診断され、抗生物質を服用し続けても症状が改善されない、1日のトイレの回数が20〜50回以上、尿が少しでも溜まると下腹部が痛むなどがあります。間質性膀胱炎の診断には、膀胱鏡で、膀胱の内部を診る必要があります。