女性の膀胱炎

女性の膀胱炎

女性にとって、膀胱炎は、一生に一度必ず発症するといわれるほど、とてもポピュラーな病気です。膀胱炎が女性に発症しやすい理由に、女性の身体の構造が挙げられます。女性の尿道の長さは、男性が14〜18センチあるのに比べ、女性は、たった3〜5センチしかありません。それに加えて、尿が排出される出口と、細菌が多くいる肛門や膣が近くに存在しています。その結果、菌は膀胱内に侵入しやすい環境となっているのです。

 

膀胱の中に入ってしまった菌を外に出すためには、排尿をすることです。女性の場合、尿意があっても、その場の状況などで、排尿を我慢してしまう傾向が男性よりあります。その結果、膀胱に入った菌の繁殖が促され、膀胱炎になりやすくなってしまいます。妊娠中に膀胱炎を起こしやすいといわれるのは、子宮からの圧迫により、排尿の働きが鈍るからと言われています。

 

性行為によって、膀胱炎が引き起こされる場合もあります。性行為の時に、尿道に傷ができ、そこから細菌が尿道を通って膀胱に侵入、繁殖し、膀胱炎になる可能性もあります。細菌性の膀胱炎は、数日の薬の服用で、症状が改善されますが、一度なると、繰り返し起こる可能性の高い病気です。また、膀胱炎は、頻尿や、残尿感などの不快感を伴いますし、辛い痛みが出る場合もあります。辛い思いを繰り返さないためにも、水分をたくさん摂り、尿をたくさん出したり、体力を落とさないように気をたり、予防をしっかりすることが大切です。