子供の膀胱炎

子供の膀胱炎

膀胱炎は、女性に多いといわれていますが、子供の膀胱炎は、赤ちゃんの頃は男の子に多く見られます。1歳未満の乳幼児の時期は、膀胱尿管逆流症や水腎症などの先天的異常があるため、女児より男児の方が膀胱炎や尿路感染症になることが多いようです。

 

膀胱尿管逆流症とは、腎臓と膀胱をつなぐ尿管という部分があり、尿管と膀胱の境目に異常をきたし、膀胱に貯まった尿が尿管や腎臓に逆流してしまう症状です。水腎症とは、腎臓で作られた尿がうまく膀胱に行かず、腎臓が尿で腫れ上がる病気です。先天性の場合、生まれつき尿管の一部が狭かったり、閉塞していたり、それが原因で腎臓が腫れてしまいます。どちらの症状も、軽度であれば、成長と共に自然治癒されていきますが、重度の場合は、手術が必要になる場合もあります。

 

1歳を過ぎると、膀胱炎は、尿道が短い女児に多く見られるようになります。子供の膀胱炎の治療は、細菌性の場合は、抗生物質の処方が一般的です。アデノウィルスが原因の出血性膀胱炎の場合は、自然に治癒します。子供の膀胱炎は、症状が無い場合もありますが、大人と違って、症状をはっきりと伝えることができないので、大人である親がトイレの回数が増えたり、排尿を嫌がったりなど子供の異変に気付くことが大切です。

 

また、尿の中に血液が混ざることもあります。中には、頻尿になっていることで、おねしょやおもらしが頻繁になり、それで気が付くこともあるようです。不機嫌であったり、嘔吐や下痢など、膀胱炎に関係のなさそうな症状が起こることもあります。子供の膀胱炎は、気が付かずそのままにしておくと、腎盂炎を起こす可能性がありますので、早めに病院に行くことが大切です。