男性の膀胱炎

男性の膀胱炎

女性の膀胱炎はポピューラなのに対し、男性の膀胱炎はめったありません。しかし、男性の膀胱炎は、女性に比べやっかいな病気といわれています。女性は、尿道が男性の3分の1程の長さしかないので、外部の細菌がダイレクトに膀胱に侵入しやすくなっていますが、男性の尿道は長いので、外部の細菌が直接侵入してくる前に、排尿によって洗い出されるので、普通に生活している分には、男性が膀胱炎になることはほとんどありません。しかし、病院での治療や診察で尿カテーテルを使用したり、外科手術で使用する器具などで、膀胱内に細菌が持ち込まれ、膀胱炎が起こる場合があります。

 

男性の場合、膀胱炎になるよりも、尿道炎や前立腺炎の方がなりやすく、その理由としては、尿道が長いことにあります。男性の膀胱炎になる原因としては、まず最初に尿道が菌に感染し、その感染が前立腺にも広がり、そこから膀胱炎が起こることが多いようです。男性の膀胱炎でも、女性のように繰り返し起こすことがあります。その原因としては、前立腺の細菌感染が残ってしまうことが挙げられます。

 

膀胱炎になった場合、抗生物質が使われますが、抗生物質によって膀胱の中の細菌には、すぐに効果があり、細菌を取り除くことは容易です。しかし、前立腺の中までは、薬が届きにくく、細菌が残りやすいのです。その結果、抗生物質を止めると、前立腺に残っていた細菌が再び膀胱に感染を起こします。よって、男性の膀胱炎は慢性化することが多いのです。女性の膀胱炎は細菌性の急性膀胱炎の場合が多いですが、男性の場合は、他の基礎疾患が隠れていたり、急性前立腺炎の合併症であることがありますので、膀胱炎の症状が出た時は、早めに病院で診察を受けることが大切です。