急性膀胱炎の原因菌

急性膀胱炎の原因菌についてですが、これは大腸菌が70%から95%を占めています。その他にも、ブドウ球菌属やプロテウス、肺炎桿菌属、そして腸球菌属などの細菌が認められていることがわかっています。10%から15%の症例をみてみると一般検査で一般の細菌が証明されないこともわかっています。そしてクラミジアやウレアプラズマ、マイコプラズマなどの関与も考えられているようです。

 

急性膀胱炎の原因となる大腸菌は、多くの抗菌剤が効果をみとめられていますが、ペニシリン系の薬剤に対する耐性菌がだんだんと増えてきているようです。ニューキノロン系や新経口セフェム系の薬剤の耐性菌はほとんどないこともわかっています。急性膀胱炎の26%は、2週間以内に自然に治癒するといわれています。抗菌剤の内服は短期間でも十分だと思われています。

 

欧米においては、ST合剤やサルファ剤などの薬剤がはじめに選択される薬として推奨されています。しかし、わが国においては、これらの薬剤には使用制限がありますので第二選択の薬剤となっています。ペニシリン系薬や第一世代セフェム系薬によっておこなわれる短期間の治療では膣や腸内に残存した大腸菌により早期の再感染が起こることが指摘されています。