膀胱炎の治療法と治療薬

膀胱炎の治療法についてご紹介したいと思います。膀胱炎は比較的、簡単に治る病気といわれています。病院で処方されている抗生物質を3日〜7日間くらい服用すれば1週間程度で症状が改善していきます。大抵は3日くらいで症状が軽くなっていきますが、完全に菌をなくすためには7日間くらいは薬を飲み続けたほうがよいでしょう。

 

膀胱炎の治療薬は市販もされています。しかし、できるだけ病院を受診したほうがよいでしょう。治療中の注意点としては、安静を保つことや刺激物を摂取しないことなどです。そのほかにも水分を多めにとることが挙げられます。水分を多くとるということは尿を排出する回数を増やしていき、できるだけ早く細菌を体外に追い出す目的があるといわれています。

 

膀胱炎にならないためには、膀胱炎になる要素を絶っていくことです。具体的にいうと「膀胱に菌を入れない」ことや「膀胱で菌を増やさない」こと、そして「免疫力を低下させない」ことの3点を守ることです。「膀胱に菌を入れない」とは、女性の場合には排便後に前から後ろに拭く生理用ナプキンなどをこまめに替えたり、性交の前に陰部や手指を清潔にするといった点です。そして性交後に排尿するようにしたりしましょう。