膀胱炎に効果をもたらす薬

膀胱炎に効果をもたらす薬は、薬局でも購入することができるみたいです。しかし、その場合には膀胱炎の薬が欲しいことを薬剤師さんなどに伝えるとよいでしょう。ただ、市販薬を用いるのではなくて膀胱炎をしっかりと治すためには専門の病院を受診したほうがよいでしょう。病院で、きちんとした検査を受けて、自分に合った薬を処方してもらった方が間違いないとおもいます。

 

ちなみに、以前市販されていた抗菌作用のある薬であるナリジクス酸やウロナミンなどは薬事法の改正によって現在では処方箋がない場合には購入することができなくなってしまったようです。膀胱炎は女性にとても多い病気だと言われています。その中でも、妊娠が可能な年齢に頻繁に起こる病気のようです。どうして女性に起こりやすいのかというと、女性の尿道が短くて細菌がいる膣や肛門と尿道との距離が近いことが原因と考えられています。

 

さまざまな薬が膀胱炎の症状を軽減するために使われているようです。切迫した尿意を引き起こす膀胱のけいれんを軽減するためアトロピン系の薬が用いられます。また、組織の炎症を和らげてくれて痛みを軽減するためには、フェナゾピリジン系の薬が効果をもたらすようです。また膀胱炎の治療に用いられる抗生剤のなかには「クラビット」というものがあります。この薬を服用するためには、必ず医師による診断を受けなければならないそうです。