間質性膀胱炎について

病院で膀胱炎の検査をおこなっても異常がないと言われたら間質性膀胱炎かもしれません? 膀胱炎は尿の中から細菌が検出されることによって、すぐに診断することができる病気です。しかしながら、頻尿や強い尿意、また膀胱の痛みなどの症状があるのに尿中から細菌が検出されないで、検査の結果「異常なし」というように診断されてしまうことがあります。

 

もしも、そのような状態になったら要注意だといえます。間質性膀胱炎になっている可能性があると思います。間質性膀胱炎とは、炎症が膀胱の粘膜の奥の間質という部分に達してしまった状態のことです。間質性膀胱炎の原因や治療法は、まだまだ十分に分かっていないことが現状のようです。かかた病院によっては満足な治療が受けられないこともあります。

 

なるべく良いお医者さんを探してみましょう。膀胱炎の年齢層についてですが、膀胱炎になりやすい人はどのような人なのでしょうか。膀胱炎の患者の中で圧倒的に多いのは20代から30代にかけての年齢層の女性だといわれています。ただし、その年代の女性が特にかかりやすいというわけではなくて、どの年代でもかかる可能性はあります。