クラミジアと膀胱炎の関係について

クラミジアと膀胱炎の関係についてご紹介したいと思います。クラミジアと膀胱炎は関連性はあるのでしょうか?性行為感染症であるクラミジアに感染してしまうと、潜伏期間を経てから男性では尿道出口のかゆみや白濁尿、排尿痛などがあらわれます。そして、女性ではおりものなどの症状が表われます。

 

クラジミアは、潜伏期間が長くて、症状が軽かったりすると感染に気付かないこともあります。特に女性の場合には、放置していると感染が膣から尿道・膀胱に広がってしまい胱炎を発症することがあります。クラミジアが原因となる膀胱炎も、大腸菌などが原因の膀胱炎と同じように抗生物質の服用で治療することができます。

 

膀胱炎が疑われる場合には、診療に最も適しているのは泌尿器科です。ただ、泌尿器科は男性や性病の患者さんがかかるところというイメージから、診察を受けることにたいして抵抗感を覚える女性も少なくないようです。実際に泌尿器科の患者の7割は男性だと言われています。最近では、女性が来やすいようにと「女性クリニック」などの看板を掲げているところもあります。

 

泌尿器科と婦人科両方を診察する病院もでてきております。女性の排尿障害の場合には、泌尿器系だけでなく婦人科系の知識が必要となるため、女性の膀胱炎の場合はこうした病院を探してみるのも良い方法だと思います。