女性が膀胱炎になりやすい原因

女性は膀胱炎になりやすいといわれています。トイレが異常に近かったり、排尿する時に痛みがあるなど、膀胱炎の症状は排尿に関するものなのでかなり不快なものだと思います。そのため、泌尿器科を受診する女性の病気のなかで一番多い症状が膀胱炎です。実は同じような症状に悩んでいる女性はかなり多いのです。

 

女性に膀胱炎が多いのは、女性の体の構造と深く関係すると言われておちます。膀胱炎には慢性の膀胱炎と急性の膀胱炎があり、いくつかのタイプがあります。一番多いのは細菌の感染から起こる急性膀胱炎です。その原因となるのは、大腸菌が圧倒的に多いといされています。その他にも腸球菌やブドウ球菌などがあり、原因はごくありふれた細菌がほとんどです。

 

このような細菌が尿の出口(尿道口)から侵入してしまい膀胱に入って炎症を引き起こすといわれています。女性の場合には、尿道が男性に比べて短く直線的となっておりますので、膀胱に細菌が侵入しやすいといわれています。また肛門と尿道口が近いことも、膀胱炎になりやすい原因とされています。ちなみに、男性の尿道は平均して15〜17センチはありますが、女性の場合はわずか3〜5センチぐらいしかないそうです。