何度も膀胱炎になって大丈夫?

一年に何度も膀胱炎になってしまうという方もなかにはいると思います。膀胱炎は、完治すれば何の心配もありません。そして1年に2回から3回程度かかっても発熱を伴わず、その都度完治しているのなら正常だといえます。しかし、短期間に頻繁に膀胱炎を繰り返すような場合には、慢性膀胱炎が疑われてしまいます。慢性膀胱炎は、膀胱が長期間炎症を起こしてしまい治りにくくなった状態のことです。

 

また、腎臓の病気や結石、結核、ガンなどの他の病気である可能性が考えられます。さらに、間質膀胱炎なども疑われてしまいます。このような場合には早めに泌尿器科を受診したほうがよいでしょう。膀胱炎は、抗菌薬(抗生物質)を1日〜3日くらい服用すれば劇的に症状が改善していきます。何日も薬を飲んでも症状が改善しないような場合には、ほぼ間違いなく他の病気が疑われると思います。

 

特に注意が必要なものは、間質性膀胱炎です。間質性膀胱炎は、頻尿や強い尿意、また排尿痛など膀胱炎と共通する症状があるのですが、膀胱炎(急性単純性膀胱炎)とは別の病気なのです。 膀胱炎は膀胱内部の粘膜に細菌が増殖してしまい炎症を起こすものなので抗菌薬がよく効きます。しかし、間質性膀胱炎は細菌性ではないのでいくら抗菌薬を飲んだとしても症状が改善することはありません。