間質性膀胱炎の原因について

間質性膀胱炎の原因についてご紹介したいと思います。実は間質性膀胱炎の原因はまだよくわかっていないそうです。原因については、幾つかの説が唱えられています。間質性膀胱炎の患者の膀胱粘膜からアレルギー疾患を引き起してしまう肥満細胞が多く発見されているため、アレルギー反応によるものだという説が有力視されています。

 

実際に間接性膀胱炎の治療においても抗アレルギー薬が用いられています。間質性膀胱炎の場合の注意点についてですが、尿が酸性になったり、刺激の強い食品を摂ったりすることによって間接性膀胱炎の症状を悪化させてしまうと考えられます。アルコールやカフェインを含んだ飲食物は避けたほうが良いでしょう。

 

また、膀胱炎になると早めにトイレに行くようにして、細菌を早めに排出させることを心がけますが、間質性膀胱炎の場合には、細菌性ではないため、その必要はありません。間質性膀胱炎は長期的な病気になりますので、尿があまり溜まらないうちに排出する習慣をつけていれば膀胱が萎縮して、尿を溜めておけなくなってしまいます。できるだけ尿意を我慢して膀胱の力を保つようにしましょう。