膀胱炎の抗菌薬抗生剤クラビット

もしも、あなたが膀胱炎になってしまったら、市販薬に頼るのではなくてきちんと専門医に診てもらうことをおすすめしたいとおもいます。抗菌薬抗生剤「クラビット」についてですが、この薬は決して安いものではありません。そのためだと思いますが、病院などで多く使われている薬のようです。専門誌をみてみると、特に痙攣(けいれん)などの中枢神経障害を警告しているものも実はあるみたいです。

 

保険薬価でみると100mg 1g 228.60円、100mg 1錠 183.90円とされています。この抗菌薬抗生剤「クラビット」について服用が禁止されている場合は次の通りになります。まずはクラビットの成分、もしくはオフロキサシンに対するアレルギーの前歴があるという場合です。そして妊婦、もしくは妊娠の可能性のある場合や小児が当てはまります。

 

抗菌薬抗生剤「クラビット」の服用を慎重にしなくてはならない場合には次のようなことがわかっています。まずは、高度の腎機能障害であること、てんかんなどのけいれん性疾患、あるいはこれらの前歴があること、キノロン系抗菌薬に対するアレルギーの前歴があること、高齢者であることなどです。そして授乳婦については、回避・授乳中止とされていることもわかっています。また、幼若犬などで関節異常が確認されているようです。