若い女性に膀胱炎が多い理由

統計的にて若い女性に膀胱炎が多いことには理由があります。まず、20代から30代の女性の場合は仕事が忙しくてトイレを我慢しがちであることです。これでは、膀胱内で細菌が増殖してしまう原因となってしまいます。また、若い女性は性行動が他の年代に比べて活発だといえます。これは膀胱に細菌が侵入する危険を高めてしまいます。

 

さらに、羞恥心から異常を感じたとしてもなかなか病院に行かないことも少なくありません。このようなことが膀胱炎を悪化させるということにもつながっているようです。膀胱炎の主な菌はどのようなものなのでしょうか?膀胱炎の原因となる細菌は様々です。例えば腸球菌・ブドウ球菌・セラチア菌などがありますが、圧倒的に多いのは大腸菌です。そして膀胱炎の原因の8割を占めると言われます。

 

膀胱炎の原因となる大腸菌は、患者さん本人の肛門から尿道に侵入したものです。そして慢性膀胱炎というものがあります。この慢性膀胱炎は、膀胱が長期間炎症を起こしてしまいなかなか治りにくい状態のことをさしています。ひと口に慢性膀胱炎と言っても、そのタイプは色々とあるのです。慢性単純性膀胱炎は一番軽いタイプの普通の膀胱炎が慢性的に続くような状態のことをさしています。